消費者金融の借り換えなら何がおすすめ?

currency-1020005_640

消費者金融のキャッシングやカードローンの返済が滞るのは、金利の負担が原因になっていることがほとんどです。

最高で年利18%という金利は銀行から借りるよりもはるかに高金利であり、利息分を含めた返済プランをきちんと組み立てておかなければ、元金がいっこうに減らない、ということにもなりかねません。

金融機関の借り換えパターンとしてここ数年注目されているのが「おまとめローン」です。ローンの借り換えは、「高金利から低金利へ」という流れが基本となります。

おまとめローンでは複数の金融機関のキャッシングやカードローンの残高を一本化し、低金利のローン会社に移管することで金利の負担を軽減する、という方式がとられます。

おまとめローンにしたからといって借金が一気になくなるわけではありませんが、いくつかのローンをまとめることで金利をわかりやすく整理し、家計に負担のないかたちでの返済プランを組み直すことができます。

ただ、おまとめローンには、トータルの返済額が増える、完済までの期間が長くなる、などのデメリットがありますので、利用にあたっては専門家とも相談のうえ、リスクのより少ないかたちで返済プランを考えていきましょう。

キャッシングやカードローンについての相談窓口にはいくつかありますが、初心者としてはまず最初にどこに相談に行けばいいのか意外とわかりにくいものです。

キャッシングやカードローンについての専門家としては、FP(ファイナンシャルプランナー)や金融コンサルタント、弁護士などが挙げられます。

はじめてのキャッシングで金利や返済プランの仕組みがよくわからない、という場合はFPや金融コンサルタントに相談したほうが具体的なアドバイスが聞けますし、多重債務や過払い金などで悩んでいるのであれば法的手続きに詳しい弁護士や弁理士が心強い味方になってくれます。

ただ、弁護士や弁理士の場合、民事、刑事、商法などそれぞれに得意分野がありますので、まずは法律事務所のウェブサイトなどで過去の実績などをリサーチし、現在抱えているトラブルを迅速に解決してくれそうな弁護士を見きわめる必要があります。

おまとめローンやローンの移管は返済の負担を減らしてくれる便利なシステムですが、決して「借金をなくすための方法」ではなく、あくまでも無理なく返しつづけるための緊急手段であることを理解して、そもそも多重債務のパターンに陥らないようなライフプランを組み立てましょう。

消費者金融から銀行借り換えをする際に発生するメリット

fffcdbc

消費者金融や銀行に関係なく、お金の融資を実施しているところでは利息が定められており、借りたお金に加えて、利息を支払わなくてはいけないです。

利息が高く設定されている場合、借りたお金に加えて相応のお金を支払わなくてはいけないので、お金の負担が大きくなります。その為多くの人が利息が低く定められている消費者金融や銀行を選択しており、完済するまでに必要なお金を減らしています。

消費者金融から銀行借り換えを実施する際に発生するメリットとして、利息を低くできる事が多いです。消費者金融では銀行よりも高い利息に定められている事が多く、お金の負担が発生しやすいのが特徴です。

しかし銀行借り換えを行う事によって、借りたお金とは別に支払うお金を少なくする事ができるので、お金の負担を減らす事が可能です。利息を減らせるメリットが生み出されているので、多くの人が銀行借り換えを行っている状況です。

しかし銀行に変える際、注意しないといけないのが必ずしも申込を実施して審査を通過する事ができる訳ではありません。利息が低く定められている銀行の方が一般的に審査が厳しくなっており、何かしらの問題が発生している事で審査を通過する事ができなくなってしまいます。

借り換えを検討している方も魅力的な銀行を見つける事ができても審査を通過する事ができなければ、残念ながら融資を受ける事ができません。その結果借り換えをする事ができなくなってしまうので、注意してもらいたいです。

少しでも審査を通過する為には、多くの収入を稼ぐ事が求められてきます。その他にも安定感のある仕事や雇用形態で働いたり、個人の信用情報に問題が無ければ、審査を通過する事ができる可能性が高まります。

借り換えを希望している方は、すでにお金の融資を受けている状況なので高い返済力が求められてきます。相応のお金を獲得していないと融資を受けるのが厳しくなってくるので、一生懸命仕事をしていき、多くのお金を稼ぐ事が重要なポイントです。

最適な返済日の銀行を選択する事

利息部分に注目しないといけない部分として、返済日に関して注目しなくてはいけないです。最適な返済日はその人によって異なっており、基本的に給料日後が返済日に設定されている時は、借りたお金を返済しやすいです。

しかし給料日前が返済日に定められている時は遅延や滞納を発生させないようにお金の準備をしなくてはいけないです。

状況によっては仕事や生活に悪い影響を与えてしまう恐れがある為、給料日前が返済日になっている場合、気を付けないといけません。細かく確認する事で、銀行が定めている返済日を把握する事ができる為、簡単にチェックできるようになっています。

どうしても確認する事ができない場合には、銀行スタッフに問い合わせをする事で返済日を教えてもらう事ができます。月末が返済日に定められていたり、十日締めや二十日締めなど色んな返済日が定められています。

同じように見える銀行でも利息部分と一緒で、返済日も独自に定められているので、比較をしなくてはいけないです。自分にとって最適な返済日が全然違っているので、返済日に関する情報を集めていき、無理なく返済できる銀行に借り換えするのが重要なポイントです。

その他にも万が一の事態に備えて、臨時返済を実施する事ができる銀行を選択していけば、お金に余裕が発生した時に簡単にお金を返済できるようになります。

カードローンは基本的に短い期間で完済する事ができれば、利息を少なくする事ができます。近年では臨時返済を実施する事ができる銀行が増えているので、臨時返済も活用できる銀行を選ぶ事で、一日でも短い期間でお金を返せるようになります。

必要な書類をきちんと準備する事が大切

銀行借り換えをする時も必要な書類をしっかりと準備をしなくてはいけないです。どのような人物なのか本人証明をする事ができる書類をまず提出しなくてはいけないです。

基本的に運転免許証や保険証など氏名や住所だけではなく、生年月日が掲載されている書類を提出する事ができれば、全然問題はありません。中には住民票も本人証明として活用する事ができる場合があるので、気になる方は銀行に問い合わせしてもらいたいです。

その他にも収入に関する書類を準備しておくと提出を求められた時も素早く提出する事ができ、審査してもらう事ができます。収入に関する書類は源泉徴収票の他に年末調整や確定申告の書類になっており、どれか一つ提出するだけで全然問題はありません。

どのくらいの収入を確保しているのかどうか銀行側が判断しており、遅延や滞納を発生させない人物として判断しています。その為他の方よりも多くのお金を獲得する事ができれば、借り換えできる確率をアップさせる事ができるのが実態です。

もしも必要な書類を準備する事ができなかった場合、本人なのか判断する事ができなかったり、収入が不透明になってしまうので審査に悪い影響を与えてしまいます。望んでいる結果を得る事が難しくなるので、気を付けてもらいたいです。

消費者金融からお金を借りる際に連帯保証人を依頼する際の注意点

1番最初は両親に連絡をしましょう。消費者金融でお金を借りるためには、連帯保証人が必要になります。(現在は不要)必ず必要になるので、誰か受けてくれる人を見つけた上で申請などを行わなくてはなりません。

人によっては、受けてくれる人がたくさんいるなどの場合もありますが、自分が過去に信用を失ってしまうような行動をたくさんしていると、なかなか受けてくれる人がいない状況にもなります。どちらかと言うと、受けてもらえない人がたくさんいる人の方が多いと言えるでしょう。

まず1番初めにお願いをするべき人は、両親になります。両親に事情をしっかりと話した上で、連帯保証人になってほしいと伝えるようにしましょう。多くの場合は、親が多少渋りながらも受けてくれる場合があります。

なるべく早くお金を借りたいと考えている人は、すぐに連絡を取れる人に電話などをしてしまう傾向があります。すぐに連絡を取れるのは、友人などになりますが、両親に依頼をするより先に友人に電話をするのはなるべく避けた方が良いと覚えておきましょう。

必ず1番初めに両親に電話をして、その上で断られてしまった場合は、友人などに連絡をするようにしましょう。両親に断られてしまうと、自分が頼りにしている親戚などに電話をしてしまう人もいますが、この行動もなるべく控えるべきだと言えるでしょう。

親戚に依頼をしてしまうと、自分の両親にも連絡が行ってしまい、余計に面倒な状況になってしまう場合もあります。またいくら仲が良かったとしても、依頼をすると非常に仲が悪くなってしまう場合もあります。

自分だけが仲が良くない状況になってしまうのであれば問題は少ないですが、家族を巻き込んだトラブルになってしまうと、両親に大きな迷惑をかけてしまう状況になります。親戚に依頼をしたいと考えている人もたくさんいますが、その行動はなるべく控えるべきだと覚えておきましょう。

友人に依頼をする場合に考える部分

友人に連帯保証人になってほしいと依頼をする人もたくさんいますが、この場合は慎重に行動しなくてはなりません。なぜ慎重に行動する必要があるのかと言いますと、自分と仲良くしてくれる人を失ってしまう可能性が高いからです。

もしも自分が友人から、消費者金融からお金を借りる際の連帯保証人になってほしいと言われた場合は、どんな気持ちになるのか考えてみましょう。中には快く引き受けると言う人もいるかもしれませんが、多くの人は、自分が利用されるのかと考えてしまう場合が多くなります。

これは男性でも女性でも同じで、仮に別の性別の人に依頼をする場合でも、気をつけなくてはならないと覚えておきましょう。

快く引き受けてくれる人も中にはいますが、断られてしまいその後連絡等が途絶えてしまうケースも多くあります。今現在の友人関係をしっかりとキープしていきたいと考えている人は、仲が良い人には依頼をしない方が良いかもしれません。

自分と非常に仲が良く、困った時に何でも相談をしてほしいと言ってくれる友人がいる場合は、一度相談を行ってみても良いかもしれません。消費者金融の話と言う部分もあり、断られてしまう場合もありますが、悩んだ末に受けてくれる場合もあります。

友人に依頼をして受けてもらった場合は、その行為を無駄にしないように、しっかりと自分で返済をしていかなくてはなりません。自分が返済できない状態になってしまうと、その友人の人生を狂わせてしまう可能性もあります。

早くお金を借りなくてはならない状況になってしまうと、この部分まで頭が回らない可能性もありますが、無事にお金を借りて必要な支払い等できた場合は、感謝の気持ちをしっかりと伝えることも重要になります。

友人の中にも結婚をしている人はたくさんいるはずです。既に結婚をしている人の場合は、自分1人の判断では答えを出せない場合が多く、家族と話し合いをして答えを出してくれます。

この場合は、家族の人に反対される傾向が非常に強く、依頼をしても受けてもらえない場合があるので、何でも相談をしてほしいと言ってくれる友人がいる場合は、独身の人に相談を行うのが1番良いと覚えておきましょう。

学生が行動をする際に注意する部分

学生の段階で、消費者金融からお金を借りなくてはならない状況になってしまう場合もあります。この場合は、友人に依頼をしても意味がないので、しっかりと事情を話して両親に受けてもらうようにしましょう。

なぜ友人に依頼をしても意味が無いかと言いますと、収入が無いので連帯保証人として認めてもらえないからになります。お金を借りる際は、自分の収入もしっかりと見られますが、連帯保証人になってくれる人の収入もしっかりと確認されてしまいます。

学生の場合は、働いていてもアルバイト等になってしまうので全く返済能力がないと判断されてしまうでしょう。人によっては両親も休職中だと言う場合があります。この場合も返済能力がないと判断されてしまい、認められない場合が多いので十分に注意をしましょう。