増渕 秀栄

栃木県立県央産業技術専門校

増渕 秀栄

Syuuei Masubuchi

平成29年度 技能五輪全国大会
自動車工職種
増渕 秀栄
大会に向けての練習は普段どのように行っていますか。
4つの課題をなるべく理解し、苦手な課題でも満足いく結果が残せるよう訓練しています。

大会出場までに、どんな苦労がありますか。
若年者ものづくり競技大会よりも作業内容が難しく、作業時間は4倍も長くなります。大会までの練習時間が足りないと感じています。

大会に向けての意気込みを聞かせてください。
クラスのみんなに練習課題の作製をしてもらっています。練習のサポートをしてくれている仲間に喜んでもらえるよう、練習の成果を大会でも十分に発揮し、入賞を目指して頑張ります。
学校からのコメント
増渕 秀栄
大会参加へのメリットは何ですか。
クラス全員で予選を行い、若年者ものづくり競技大会へ代表選手が出場します。今回は技能五輪全国大会への出場機会を得ることが出来ました。その選手をサポートするためクラス全員で課題作製と練習サポートを行うことで訓練生全体の技能レベル向上につながり、就職先企業からは大変喜ばれています。

選手を指導する上で大切なことは何ですか。
通常の授業をきちんと行い、その上でレベルの高い競技大会の練習等を全員で行っています。選手だけを指導するのではなく、サポートメンバーに対して選手より先に指導し、サポートメンバーが選手に教える体制を取っています。選手育成に対する効率は良くないですが、クラス全体のレベルアップ優先に取り組んでいます。


全国大会出場選手OBのその後の活躍を教えてください。
自動車整備士や自動車の新型車開発業務、レースメカニックとして県内外で活躍しています。
大会マスコット
増渕 秀栄
出場している競技種目
自動車は人間にとって必需品。常に最新技術が集積された複雑な精密機械です。時代とともに技術が進歩し、高度な技術なくしては点検、診断、修理ができなくなってしまいます。さらに快適な走行性、安全性と無公害、省エネルギー化のために技術開発はめざましく、これらの高度化に対応するために、自動車整備の体制を確立し、強化することは自動車産業界の重要な課題です。さらに若年技能者の育成を支援することこそ重要な課題です。

応援メッセージ

※登録いただきました応援メッセージは事務局にて確認後掲載されます。
投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

以下に詳細を記入してください。

avater

その他の選手