大野 桃子

デクセリアルズ株式会社

大野 桃子

Momoko Oono

平成29年度 全国アビリンピック
ワード・プロセッサ種目
大野 桃子
大会に出場すると決めたきっかけは何ですか。
自分の実力はどれくらいあるか見てみたいことと、自分の能力向上のために出場することを決めました。

大会出場までに、どんな苦労がありますか。
全国の課題は地区大会よりレベルが高いので、課題文書を作成するための、より高度な種々のスキルを身につけることに取り組んでいます。

大会に向けての意気込みを聞かせてください。
全国は4年ぶり(第33回長野)の出場で緊張もありますが、楽しみでもあり、いつも通りに落ち着いて丁寧にプレーしていきます!
職場からのコメント
大野 桃子
大会参加へのメリットは何ですか。
大会に参加する出場者が、自身の技能のレベル感を実感できるので、技能向上へのモチベーションが高まることが一番のメリットと考えます。さらに社員の技能が向上することは、結果として業務の品質や能率向上にもつながるので、会社にとっても大きなメリットだと思っています。

大会に出場する選手に、大会において期待することは何ですか。
大会に参加する以上は、上位入賞を目指していただくことを期待していますが、結果がすべてではなく、その結果を受けてモチベーションを高めていただき、更なる技能向上を目指していただければと思っています。


全国大会が栃木県で開催されることについて、一言お願いします。
全国大会が栃木県で開催されることによって、こうした活動の認知度が今まで以上に高まり、結果として参加された皆さんの技能の高さが再認識され、更なる障がい者雇用の裾野の広がりにつながっていくと良いと思っています。
大会マスコット
大野 桃子

応援メッセージ

※登録いただきました応援メッセージは事務局にて確認後掲載されます。
投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

以下に詳細を記入してください。

avater

その他の選手