ウェブデザイン

ウェブデザイン

ウェブデザインとは。

インターネットで情報をわかりやすく効率的に発信・配信するために、文字や画像様々なコンテンツを「ウェブサイト(ホームページ)」として作成する技能をウェブデザインといいます。インターネットの普及は爆発的な利用者の急増によって、人々の生活を大きく変えたといわれています。多くの新しい技術やビジネスがインターネットを基盤として生まれています。ウェブデザインのように新しく、創造的で、フロンティアスピリットにあふれた仕事は他にはありません。ウェブサイトを創るということは、情報をデザインしていくことに他なりません。様々な情報を世界に発信していくためには、最新の情報技術や安全性など多くの知識が必要です。今までのコミュニケーションがさらにリアルタイムで世界的な広がりを持ち、そのスピードも変わっています。「ウェブデザイン」は、人々の生活の根幹を支える技術として今後ますます重要になっていくことが予想されます。
美しく分かりやすいウェブサイトデザインを構築
ウェブデザインでは、ウェブサイト(ホームページ)を、「見やすく」、「わかりやすく」、「使いやすく」、「安全に」、「美しく」、実現するため、さまざまな技術を使い、設計、表現を行います。実際には、「文字情報」、「画像情報」、「音声」、「動画」、「映像」、「双方向的な情報サービス」などの様々な『情報』を適切な形でウェブサイト(ホームページ)として、構築します。ウェブデザインの競技課題は、技能五輪国際大会を基にして、国際規格、標準規格などに基づいて設定しています。ウェブデザインはウェブサイトをただ美しくデザインするだけでなく、国際的な標準規格などの技術に準拠して作成することが重要です。すなわち多くの人々、多くの環境の下で同じように使えることも重要です。もちろん、ウェブサイトは情報を発信する側と、その情報を受け取る対象者が存在しますので、両者を意識したコミュニケーションについても十分に配慮して、情報をデザインする能力も求められます。以上のように、情報を適切に構成し表現するための技術、わかりやすく・使いやすく情報を配信するための技術、より多くの人々に正確に情報を伝えるための技術について技能を競います。
ウェブデザイン
世界中の企業、組織はウェブサイトを持っていますし、作ろうとしています。
ますますインターネットは普及していきますし、コンピュータのウェブブラウザ(ウェブサイトを閲覧するソフトウェア)だけでなく、携帯端末(携帯電話、スマートフォンやPDA、ネットワーク型ゲーム機)などでも見られるようになり、ますます我々の生活に必要不可欠なものとなっていきます。インターネット業界では、毎年様々な新しい技術やサービスが考案されており、まさに最先端で未来の人々のライフスタイルをリードする業種であるといえます。
世界中の企業、組織はウェブサイトを持っていますし、作ろうとしています。
「ウェブデザイン」はコンピュータとインターネットによる通信技術を抜きには語れません。
今、皆さんの生活を考えてみると、インターネットのウェブサイトから得られる情報なしでは、成り立たないのではないでしょうか?特にウェブサイトは、多くの方々に使われるものですから、高齢者の利用者、身体に障害のある方でも利用できるような配慮、つまりアクセシビリティが求められています。決してウェブデザインは特別なものではありません。世界に情報を発信したい誰もが、コンピュータを使って作成することが出来ますから、今後ますます多くの人々が自分の属する会社や組織、また個人のウェブサイトを作成することも多いと思います。そうした際に、世界の標準技術に従い、アクセシビリティやウェブ標準に配慮した、正しいウェブサイトを構築する技能を得ることが出来るようになればさらにウェブデザインの世界は広がっていくでしょう。
「ウェブデザイン」はコンピュータとインターネットによる通信技術を抜きには語れません。