情報ネットワーク施工

情報ネットワーク施工

情報の信頼性・安全性・高速性を提供する情報ネットワーク施工。

光ファイバなどによる情報ネットワークの高速化により、携帯電話やスマートフォン、光テレビ、ネットゲームなど様々なサービスが提供され、私たちの生活の中でなくてはならないものとなっています。「情報ネットワーク施工」職種は、高速化された情報通信の施工を行う競技です。競技内容は大きく六つの競技で構成されています。
①課題1(宅内配線施工課題):新築住宅やリフォーム住宅を想定し、光、LAN、電話、TV用コンセントを敷設や改修する配線作業及び測定試験で構成された課題です。
②課題2(光ファイバ接続課題):光ファイバを配線図に従って正確により早く融着接続作業を行う課題です。
③課題3(構内配線施工課題):ビルなどの構内を想定し、配線設計から始め、この配線図を元に光ファイバ及びツイストペアケーブル(LAN用)配線の引込み作業から19インチラックでの光ファイバ、ツイストペアケーブルの配線と成端作業及び測定試験で構成された課題です。
④課題4(トラブルシューティング課題):予め、不良個所を含んだ光及びツイストペアケーブル線路の故障個所を発見しその原因を見極める課題です。光及びツイストペアケーブル線路のトラブルを15分の短い時間で故障診断します。
⑤課題5(メタル接続課題):ツイストペアケーブル(LAN用)を使用してモジュラジャックとモジュラプラグを用いた線路を正確により早く成端作業を行う課題です。
⑥課題6(選択課題):課題3の標準課題に加えて+αの作業を自ら申請し、より高得点を狙う課題です。しかし、未完の場合は、減点も大きく真にハイリスクハイリターンの課題でもあります。
ユーザの立場に立った配線施工に挑む!
お客様のニーズに的確に対応ができ、満足度と信頼性の高い情報ネットワークインフラの構築をいかに正確に、早く、美しく施工するかを競技します。
情報ネットワーク施工
情報ネットワークで明るい未来をつなぐ!
光ファイバまたはLANケーブル等を取り扱った各課題に選手がどのようにチャレンジしていくのか。日々の現場での技術・技能と練習によって流れるような作業からは、「より正確に、より早く、より美しく」を感じさせられます。また、創造性や応用性なども要求されます。
情報ネットワークで明るい未来をつなぐ!
日本の情報通信が世界を変える!
情報ネットワークは、映像配信などの大容量且つ高速化が要求され、それに伴い光ファイバの普及が加速されています。今や光ファイバは、各家庭にも浸透し「誰でもいつでも」手軽にいろいろな情報を入手又は発信できます。私たちは、世界中の人々といろいろな情報交換ができる時代に突入しています。
日本の情報通信が世界を変える!
「情報通信系」その他の種目