ITネットワーク<br>システム管理

ITネットワーク
システム管理

信頼性の高いシステム構築。

企業や一般家庭に設置されている殆どのコンピュータは、インターネットを通して世界中とつながっています。企業では社員間の連絡や情報共有など業務にコンピュータ・ネットワークを使用していますが、インターネットに接続していることから、別の企業や顧客など企業の外との情報交換にもコンピュータ・ネットワークを利用しています。これらのコンピュータやネットワークからなるシステムには高い信頼性が求められます。このシステムを設計・構築・運用管理するのがネットワーク技術者です。システムのトラブルによる影響はインターネットを伝わって世界中に広がってしまいます。新しい知識と経験をもった技術者が、トラブルの防止と対処を行い、現代のネットワーク社会を支えているのです。
信頼性の高いシステム構築に挑む!
競技は大きく2つの課題で構成され、これらの課題を通じて、より信頼性の高いシステム構築技術を競います。 ①Webやメールなどのサービスを行うサーバシステムを構築し、そのサーバで使われるオペレーティングシステムをインストール・チューニングすること。 ②ネットワークを通じてサーバを利用するため、ルータなどを使ってネットワークを構築すること。
ITネットワーク<br>システム管理
期待をこめてping。
競技では、これらの課題が2日間、計9時間で行われ、システムの信頼性、システム運用管理技術、セキュリティ技術などがポイントとなります。構築されたシステムがインターネットに接続され、技術者は期待と不安の気持ちでpingコマンドを入力します。しばらくして、応答が戻ってきたとき、このシステムは巨大なインターネット網に接続されたひとつのコンピュータシステムとなります。また、システムにトラブルが発生したとき、その現象と状況を的確に判断して対処していきます。技術者にはこれまでの経験と知識だけではなく、判断力と想像力が求められます。システムが正常稼動し始めたとき、喜びと達成感を感じる瞬間です。
期待をこめてping。
IT時代をささえる技術者。
システム構築とネットワーク技術者は、目に見えないところで活躍していますが、システムを長期間にわたり運用管理するためには、たいへん重要な存在なのです。今後もより複雑で巨大化するシステムにおいては、常に新しい知識とスキルが要求されます。これからのIT時代を支える中心的技術者なのです。
IT時代をささえる技術者。
「情報通信系」その他の種目