美 容
美 容

美 容

美しい容姿づくりへチャレンジ。

美容とは「パーマネントウエーブ、結髪、化粧などの方法により、容姿を美しくすること」です。美容師法第二条に定められている通り、美容師は人の容姿を美しくすることを職務にしています。ファッションの多様化に伴って、お客様のニーズもさまざまです。そのため美容師はお客様一人一人の個性を活かし、その人の最大限の魅力を引き出さなければなりません。時代の流れを敏感に感じ取り、感性を磨き、常に技術の向上を目指すことを求められます。
洗練された若い感性で、お客様の個性美を引き出す技術を競う。
課題1 クリエイティブ・テクニカルスタイル課題2 ナイト・イブニングスタイル課題3 ロング・アップカラースタイル課題4 カット&カラースタイル4つの競技をすべてウィッグで作成するのが課題です。他の課題も、要素が的確に表現できたものを時間内に確実に完成させられるかが、大きなポイントとなります。「カラーリング」は、事前に分析シートを提出しますが、完成したものがシート通りにできているかどうかも重要となります。
美 容
流行の時代から、個性表現の時代へ
「美容」の仕事は、ひと昔前は“流行に左右される仕事”でした。しかし、現在ではお客様の“個性表現のお手伝いをする仕事”へと変わってきています。そして、お客様のニーズの多様化に伴い、それぞれのお客様のご要望にお応えするための“多様な技術”が必要になっています。“的確な技術”でお客様のイメージにかなうヘアスタイルをつくりあげ、お客様に心からご満足していただく。そのお客様のご満足の笑顔こそ、この美容師という仕事の大きな魅力です。
流行の時代から、個性表現の時代へ
技術の付加価値が「美容」の未来を拓く。
従来の「美容」は流行の技術が大切でした。個性尊重の時代を迎えた今日では、お客様のご要望が明確化し“お客様のニーズに直接応えられる技術”が求められるようになってきました。“的確な技術と技能”を駆使して創造する、お客様の個性的な美しさ。そこにプロフェッショナルな職人としての技術の「付加価値」が生まれます。美容の未来は“技術のもつ付加価値”の追求によって可能性が広がります。
技術の付加価値が「美容」の未来を拓く。