と び

と び

建造物の基礎をつくるスケールが大きい仕事。

とび職の作業は広範囲に亘るとともに、現場の環境、工程の組み立て等によっても、作業内容が大きく違ってくるのが大きな特徴です。このため、とび工事は作業の種類、規模、進め方もさまざまであり、使用資機材も多種にわたり、その作業ごとに専門の職人がいることも他の専門工事業にはない特徴です。また工事の進展に伴い職人の出入りや、員数の変動も多くなるため、先々の工程や他の専門工事の進捗状況を確認しながらの対応も、とび職には求められます。
正確に、安全に、そして迅速に。登り桟橋の課題に挑戦する。
若い選手たちが、これまでに修得した技能をもって、どれだけ、正確に安全に、そして迅速に課題を組み立てることができるのかを競います。競技は、基準柱を割り出し、その他の柱の位置を決めることが、一つのポイントです。登り桟橋は、図面に示された各部材を順序よく、正確に組み立てていきます。中段から上の部分の作業を高所作業と見なし、安全な作業が求められます。競技は、課題の作成はもとより、材料・工具等の整理・整頓、片付けまで含まれます。
と び
仲間同士のチームワークが重要なポイント。
とびは、土木や建築の現場では、花形職種の一つです。チームを組んで行う作業が多く、仲間同士のチームワークが重要なポイント。「頑張れば頑張ったぶんだけ、技術もついてくるし、鳶の仕事はきりがなくて、将来的には独立して事業主・社長として仕事を続けていくこともできる」というやりがいや、鳶ファッションのカッコ良さに憧れる若者も多い。ただ、屋外での仕事であるために体力が求められますし、危険な作業も多いので注意力も必要です。とびの仕事は広範囲ですが、高所作業に耐えられる人は建築鳶、組立鳶、鉄骨鳶などに、機械に強い人は機械鳶というように、適性に応じた専門の選択が可能です。
仲間同士のチームワークが重要なポイント。
現場の要として責任施工を担える資質を。
近年においては、建設業界でのめざましい技術革新により、鳶の仕事にも施工の大型化や機械化、新建材の開発などの波が押し寄せています。たとえば、杭打ち作業は大型機械で行うようになり、足場の材料についても丸太から鋼管パイプへ、そして枠組足場へと変化してきているため、これまでと比べて作業内容も変わってきています。施工方法や取引形態が変わっても、とび職が建築、土木の現場で果たす役割に大きな違いはありません。現場の要として、あらゆる状況に対応でき、責任施工を担える資質を持った新しいとび職人が求められています。これに応えるためには、日夜、研究を重ね、技術技能の向上に努めることが必要です。
現場の要として責任施工を担える資質を。