車体塗装

車体塗装

自動車を、美しく、ムラなく彩る技能。

自動車は、誕生から1900年代初期までは、塗装に時間がかかり、生産できても量産できない時代がありました。しかし、1923年に開発された硝化綿ラッカーの出現により、自動車塗装は一夜にして一変。以来、黒一色から多種多彩な色に増え、多くの塗料も開発され、スプレーガンなど周辺機器の開発も進みました。
そして現在、「車体塗装」は、自動車の「防錆」と「美観」を保つ技能として車社会に着実に貢献しています。
車の損傷を正確に早く修復し、損傷前の状態に復元する技能と装飾塗装に挑む。
1. 競技課題①・②:ソリッドカラーの調色とフロントフェンダパネルのブロック塗装Ⅰ ソリッドカラーで塗装された調色課題(色合わせ競技課題)の支給パネルと同じ色になるように、5つの原色塗料を使用し、決められた時間内に色合わせを行う競技です。但し、5つの原色塗料のうち1つの原色塗料はダミー原色塗料が含まれています。また、調色配合データ(その塗色に近くなるための基本配合割合の資料)はありません。色合わせが出来たら提出用の塗板に塗装を行い競技終了です。 ブロック塗装Ⅰは、補給用新品パーツのフロントフェンダに防錆のため塗装されている下塗り塗装の上に、防錆・付着性・平滑性・吸い込み防止を目的にプライマーサフェーサーと呼ばれる中塗り塗料を塗装するまでの競技です。 2. 競技課題③・④:メタリックカラーの調色とフロントフェンダパネルのブロック塗装Ⅱ メタリックカラーで塗装された調色課題(色合わせ競技課題)の支給パネルと同じ色になるように、9つの原色塗料を使用し、決められた時間内に色合わせを行う競技です。但し、調色配合データ(その塗色に近くなるための基本配合割合の資料)はありません。色合わせが出来たら提出用の塗板に塗装を行い競技終了です。 ブロック塗装Ⅱは、プライマーサフェーサーまで塗装した競技の継続競技であり、プライマーサフェーサーの表面研磨から開始します。平滑に研磨したパネルに支給されたメタリック塗料で塗装する競技です。但し、塗装終了後の塗装肌は展示してある見本パネルの塗装肌に限りなく近づけた状態で仕上げる競技です。 3. 競技課題⑤・⑥・⑦・⑧:修正塗装Ⅰ・Ⅱ・Ⅲと装飾塗装 2日目の競技の修正塗装Ⅰ・Ⅱは、前日にメタリック塗装したフェンダパネルの損傷部にパテを使用し形状を復元させプライマーサフェーサーを塗装して修正面を仕上げます。 その後、プライマーサフェーサーを乾燥させた後、プライマーサフェーサー研磨後に支給されたメタリック塗料で塗装を行うが、塗装範囲はフェンダパネル先端から指定された範囲内でボカシ塗装により仕上げる競技です。 修正塗装Ⅲでは、ボカシ塗装した際の部分含めフェンダパネル全体にコンパウンドを使用し磨き作業を行い仕上げます。なお、仕上がったフェンダパネルの塗装肌は展示してある見本パネルの塗装肌に限りなく近づけた状態で仕上げる競技です。 装飾塗装は、支給された塗料と装飾塗装作業要領書及び競技課題寸法図に従い、指定された器具・資材を使用し装飾塗装を完成させる競技です。 また、2015 年に技能五輪国際大会(WorldSkillsCompetition)が 開 催 されるブラジル・サンパウロのステッカーを指定された位置に貼り、装飾塗装の競技は終了です。
車体塗装
カーオーナーが満足する塗装技能を提供。
自動車は、使用目的や種類により素材材料やデザインが大きく異なります。軽量化を推し進めるために、鉄のみならず、アルミや多種にわたるプラスチック材料も採用されています。しかし、金属自体の防錆力やプラスチックで表現できる色には限界があります。車体塗装は錆びない、美観に優れた機能を提供します。
「車体塗装」は自動車を生産・修理するためのものではなく、カーオーナーの方々にも満足していただける魅力あふれる技能です。
カーオーナーが満足する塗装技能を提供。
さらなる自動車の発展と共に、塗装品質の向上で貢献。
自動車は、人々の生活や産業における移動や輸送の手段として欠かせません。そして将来においても、社会のさまざまな分野で自動車はますます大きく貢献していくことでしょう。それに伴い、「車体塗装」技術も“下地処理”から“意匠性に富む上塗り塗装”まで、さらに技術を磨き、多くの人々の要望に応えつつ塗装品質向上のために貢献し続けます。
さらなる自動車の発展と共に、塗装品質の向上で貢献。
「金属系」その他の種目