機械製図

機械製図

図面の良否が製品価値の80%を決める。

すべての生物がDNA情報から誕生するように、すべての工業製品は図面に基づいて製作されます。図面には形状や寸法はもちろんのこと、加工方法や寸法のばらつきなど、製品に関するあらゆる情報が含まれています。“図面の良否が製品価値の80%を決める”といわれるほど、機械製図は重要な技能です。
CGを駆使して新製品を創造する。
機械製図競技は、コンピュータ・グラフィックス(CG)にも用いられるCADソフトを使用します。第1日目は、課題図で与えられた部品を、図面(2次元)で表現する競技です。第2日目は、与えられた実物を測定しながら立体モデル(3次元)を作成し、その完成度を競います。この競技では、“イメージ脳”といわれる右脳の働きが重要です。右脳が活発であるほど、立体の認識力が優れていると言われています。
機械製図
機械製図は技術者の夢を実現する“4次元ポケット”。
テレビや映画でおなじみの「ドラえもん」が4次元ポケットから取り出す「タケコプター」「どこでもドア」「通り抜けフープ」などの奇抜なアイテムは、人類がいつかは実現させたい夢の製品です。これらはすべて技術者の夢から始まり、それを図面に描く作業で実現します。
機械製図は技術者の夢を実現する“4次元ポケット”。
消費者が待ち望む製品をつくる。
機械技術者として技術者冥利につきるのは、消費者に喜んでもらえる夢のある製品を作る喜び、楽しさ、あるいは生きがいです。その夢を具体的な形にする作業が機械製図であり、機械製図はあらゆる産業における、技術者の“4次元ポケット”です。
消費者が待ち望む製品をつくる。